オリジナルブランド

京都・岡山工芸から全国の皆様へ手に取ってもらいたい・・・
自社オリジナルブランドをご紹介します。

”武子の夢きもの”

岡山武子先生が創り上げる夢のあるきものの世界。柔らか味のある色合いでかつ斬新。
女性作家ならではの女性が着て美しく見えるきものづくりを展開している。
「しだれ桜」や「武子ぼかし」は代表作のひとつ。
積極的にパリコレやその他国内のファッションショーにも出品し好評を博す、岡山工芸の代表的なブランド。

これまでの歩み

昭和18年、東京日本橋に生まれる。清水焼の美に魅せられ京都へ。
昭和33年、東山五条坂清水焼で陶画科に入り、大沢工房で陶器の絵付けに従事する。
昭和39年、京友禅に惹かれ染織の道を独学で進む。
昭和57年、京友禅競技大会にて京都府知事賞を受賞。
平成6年3月、通商産業大臣(現 経済産業大臣)より伝統工芸士の認定を受ける。京友禅では女性初の認定者であり、また岡山耕三氏との夫婦揃っての認定も初めてである。
平成9年3月、フランス「パリ・コレクション」に出品、大好評を得る。
平成12年8月、日蘭交流400周年記念事業の作家に選ばれ、きものショー「日本の衣」をオランダ・ミデルブルグ市にて開催する。
平成14年、京都市の依頼により「世界水フォーラム」をテーマに着物を作製して市に納める。
平成15年2月、京都友禅組合競技展にて製造産業局長賞を受賞する。
平成18年11月、京都府伝統産業優秀技術者として知事表彰「京の名工」、京都府知事より「友禅師」の称号授与拝受。

幾多の苦難を乗り越えて修業する事50有余年。
数々の弟子を育てながら独自の世界を創り出し、その柔らかみのある色合いは、夢のある着物として好評を博し、各方面で受賞している。

”ゆらぎ”

「1/f=ゆらぎ」に学んだ心安らぐ色と柄を追求したブランド。
業界でも先立って、素材と柄とのコラボレーションを追求。
この染に合う素材。この素材に合う柄をテーマにブランドを確立。
きものの初心者から上級者まで納得のいく商品を展開している。

”きびそ”

キビソとは、蚕が吐き出す最初の糸で、繭の表皮です。
水溶性の蛋白質セリシンが豊富に含まれ、高い保湿力、紫外線吸収力があるため、スキンケアの成分としても利用されています。その「キビソ」を使い、山形県鶴岡と共同開発でナチュラルでエコロジカルなオリジナル生地を作りました。本檜染でローケツ染やボカシ染等、素材の特徴を生かす仕上がりにしています。

”檜染め”

檜から抽出したエキスで下染し、重ねて染を繰り返すことで得られる何とも言えぬ色の深みと優しい風合い。
森林の安らぎをきものに・・・というコンセプトのもと、この染色技術を構築し、特許庁の「本檜」として商標登録の認可を受けています。

”岩茶染め”

中国、武夷山に自生する、皇帝のウーロン茶「岩茶」のエキスを下染し、檜染めと同様に重ね染を施した商品。
特許庁の「岩茶」として商標登録の認可を受けています。
岩茶のエキスは媒染により様々な色になり、重ね染めとの相性も抜群。