京友禅の歴史

染色技法は1000年以上前と古くから伝わっていますが、

友禅染と呼ばれる模様染めは、江戸時代、

扇絵師として京の町で人気を博していた宮崎友禅斉によって

確立されたと伝えられています。

扇絵で培った斬新な画風をデザインに取り込み、

模様染めに取り込んだのが始まりだといわれています。

宮崎友禅斉によって様々な技術が組み合わせられ、

「手描き友禅」の基礎が誕生したのだそうです。

町人文化の栄えた江戸時代の中期には、

色彩豊かで絵画のように緻密な模様を着物に染める

友禅染が盛んに行われるようになりました。

化学染料が取り入れ始めた明治時代には、

型紙によって大量に友禅模様を染める「写し友禅染め」が開発され、

現在の「型友禅」と呼ばれるものが出来ました。

それまでの手描きで彩色する「手描友禅」に

「写し友禅」が加わることによって、

製造可能量が増え、多くの人々に広がっていきました。

現在も友禅染めの技法には創意工夫が重ねられ、

豊かな加工技術が施された「京友禅」の着物が愛され続けています。