京友禅

日本の着物の代名詞になっているといっても過言ではない京友禅。

正絹に手描き染め、または型染めをしたもので、

工程は10~20程に分かれ、専業分業化されています。

京友禅の技法は大きく手描き友禅と型友禅に分かれ、長い歴史を紐解けば、

国内外の技術が集約されて発展してきたことがわかります。

古都の歴史と文化が育んだ美の感性が、

豊富な色使いと図柄に息づいています。