業務案内

岡山工芸は大きく分けて3つの部署に分かれています。
ひとつは営業部、ひとつは意匠部、そしてもうひとつは手描友禅の職人集団です。
この3つの柱が、それぞれの役割を果たしながら情報交換や提案を行い、
ものづくりをしてゆきます。

営業部

営業部の業務は2つの種類に分かれます。
ひとつは悉皆(染匠)もうひとつは販売(作家活動)です。
悉皆の部門は、主に京都の室町と呼ばれる、四条×室町通界隈に集まる「つぶし問屋(一次問屋)」さんをメインに得意先とし、先方の要望を踏まえつつ新しい意匠・価格・企画の提案などを行います。そして白生地を受け取り、それに見合う職人を選択し委託加工を行う業務です。いわゆるプロデューサー的な要素を持った業務です。
一方、販売の部門は自らが作家としてものづくりを行い、直接消費者の皆様に販売活動を行う業務です。各作家の想いの詰まった商品を自社リスクで創作し、直接小売店や対前売り問屋(二次問屋)さんを仲介して販売の舞台に立ちます。
何れにせよ他部門・職人さん・協力工場からお取引先・消費者まで意思疎通を広く円滑に行い、連携してものづくりをする必要があります。

意匠部

ここではきものの設計図にあたる「草稿」を制作しています。
古くは木炭と羽箒とでラフスケッチし、それを面相筆で起こしていくスタイルが普通です。現在も同じような手法はもちろんとっていますが、近年ではPCを使用したデザインも行われています。最終的には草稿を手描きで制作する必要があります。

意匠部は日頃からファッション、インテリア、雑貨まで広範囲にアンテナを張り、商材への可能性を追求します。工房内には資料室があり、蓄積された数え切れないほどの見本資料や本、写真が保管され活用できるようになっています。また、自宅に工房を構える職人さんたち(約300名)と協力して、ひとつの”きもの”を創り上げていきます。非常に優れた感性と経験が求められます。
営業部との連携も図り、市場の動向や消費者のニーズ等の情報収集も行います。
近年ではきものの生地そのものを自社で開発し、より染の引き立つテキスタイルの発掘も行っています。

手描友禅の職人集団

ここに約20人ほどの職人が集い、日々精進しています。
友禅の部門は営業部の取ってきた仕事をこなす事が主な仕事です。
日々技術を向上させ、より効率的により美しく仕上げるための経験を積みます。
また、営業や意匠部との連携で、新技術の開発や染料の研究も行います。
仕事をこなしていく中で、各々の感性を磨いてもらい、中には作家としてデビューする人材もあれば、当社会長のように通商産業大臣認定・伝統工芸士に認定されるような職人さんもいます。岡山工芸の技術の基礎となる部門です。